引っ越しservice

引っ越しの準備は計画性が大切!余裕を持って作業しよう

計画的に引っ越しの準備を始めよう!オススメ記事はコチラから!

ダンボール

業者に依頼をしよう

目的や引っ越し先によって、引っ越しの方法が異なっています。そんな引っ越しですが、多くの人が引っ越し業者を利用しています。引っ越し業者は大手だけでなく特定の地域エリアにしかないところもあります。そんな引っ越し業者を利用した際のメリットなどを確認してみましょう。

READ MORE
室内

見積もりをしてもらおう

スムーズに引っ越しを行うことができる引っ越し業者ですが、依頼をする前にやっておきたいことがあります。それは見積もりの算出です。見積もりは引っ越し費用を抑えるのに役立つだけでなく、お得な特典をもらうことができるからです。特に注目されている特典は、ポイントの付与です。

READ MORE

しっかり事前に計画しよう

男性と女性

計画を立てて1つずつこなしていくこと

ただ片付ければ良いだけではなく、引っ越し作業では新居を探して手続きをし、身の回りの荷物を整理整頓して梱包するなどの作業があります。住んでいる部屋の荷物を全て整理して新居へ持っていくのはかなり時間がかかります。引っ越しの準備をするときはスムーズに完了するためにも、作業開始をする前に計画を練ってから行なうようにしてください。そうすれば毎日計画通り進めていくことができます。

荷造りは自分で行なう?業者にやってもらう?

引っ越しをするためには荷造りをしなければなりませんが、荷物が少なければ自分で行なう方が金銭面を節約することができます。しかしあまりにも時間がかかるほどの荷物量なら、引越し業者のプロに依頼することで作業が格段に早く終わるでしょう。ですが近年は自分で全て荷造りをする人が増えている傾向にあります。その理由として荷造りは自分1人でも十分にできるからという回答が多いです。

新着情報

できるだけ余裕を持って日数を確保する

引っ越し当日までにある程度荷造りをしておかなければ当日に近づくにつれて慌てて準備をしてしまうことになります。引っ越しにかかる期間を予想しておくとともに、計画した日程よりももう少し余裕を持って準備をしておくのが良いです。そうすればもし計画通りにいかなくても時間に余裕があるので、安心して準備ができます。

業者に引っ越し依頼をするときに出てくる質問一覧

もし当日雨だったとしても作業はそのまま行ないますか?

天候によって引っ越し作業が困難なものになるときは、業者側から日程変更の希望を出すことがあります。しかし普通の雨や雪などの場合は作業をそのまま始めることが多いので、予め業者と確認をしておくようにしましょう。また何もトラブルがないにも関わらず、依頼した側で日程変更をお願いした場合は追加料金になる可能性があるので注意が必要です。

キャンセル自体は何日までできるのでしょうか?

引越し業者によっても違いがありますが、基本的に当日や前日の引っ越しキャンセルは有料になります。それ以前のキャンセルは無料になることも多いですが、確実な答えを知るためには直接引っ越し業者にお問い合わせをするようにしましょう。なるべくキャンセルしないといけないと分かった時点で引っ越し業者に連絡を入れておくようにしてください。

荷物を破損されたら怖いのですが・・・

引っ越し業者に依頼をするときは、手続きのときに保険へ加入しているので保険の範囲内であれば補償されます。引っ越し業者によってはその補償制度がない可能性もあるので、依頼をするときに保険のことを確認するようにしてください。安心安全に作業をしてもらうためにも補償サービスはあった方がいいのです。

梱包するときにダンボールはどのくらい必要になりますか?

荷造りをするときにはダンボールに荷物を入れていくことが多いです。ダンボールの必要数は世帯によっても異なりますが、単身の場合だと平均20個、家族の場合は人数にもよりますが平均で45個必要だといわれています。あくまでもこれは平均の個数になるため、実際にどのくらいダンボールが必要になるかは荷物の量で決まります。少し荷物の量が増えそうだと考えているなら、少しダンボールの量を増やしても問題ないでしょう。

荷造りってどのくらい期間がかかるものですか?

引っ越しのための荷造りは不用品処分もしていくことになるため、多少時間がかかってしまいます。それでも平均で5日間ほどの日数を要するだけでしょう。もちろんゆっくり荷造りの作業をしていれば5日よりももっと後になる可能性があります。男性よりも女性の方が小物類が多く1日ほど期間が長くなるといわれています。

広告募集中